のれんが活躍する場面

調理場と客席を仕切るのれん作り

のれんを製作する前に考えたいこと飲食店では料理の腕がお客様の入りに影響することは
もちろんですが、他にもさまざまな要因があります。

中でもお客様がくつろぎ、居心地が良いと思える
空間づくりが重要になってきます。

居心地が悪いところでは長居をしたくないですし、
再び訪れようとは思いにくいものです。

だからこそ、居心地の良い空間づくりを意識していかなくてはならないのです。

雰囲気

特に調理場はあわただしく動くこともありますし、
お客様に直接見せたくないという事もあるでしょう。

しかし、ドアなどで仕切ってしまうと出入りが面倒になってしまいます。

見た目を遮りながら邪魔にならない仕切を作るために、京都のれんをオーダーしてみましょう。
オシャレな京都のれんで仕切ることで、見た目はスッキリと、客席から作業場が
見えないようになりますし、従業員が出入りをするのもドアなどに比べて楽になります。

仕切りとして

既製品ではなくオーダーで作ることによって、いろいろな色柄で作ることができますし、
お店の名前やロゴマークなどを入れることができるでしょう。

お店の雰囲気に合わせて作り、居心地の良い空間づくりができれば
お店の成功にもつながっていくでしょう。

もちろん店頭に下げておくものも一緒に統一したデザインで作っておくのもおすすめです。

どうしても調理場が丸見えになってしまうという場合、こうした形での仕切を考えておきましょう。
オシャレな京都のれんならお店のイメージアップにもつながりプラスになります。