のれんが活躍する場面

撥水のれんができるまでの流れ

のれんを製作する前に考えたいことのれんは日本の文化でもありますし、昔から利用されてきました。
日常的に家庭で使用されることもありますし、和系のお店でしたら
店舗の入り口、トイレ、また旅館などでは浴室の入り口や
日よけ様々な需要があります。

お店の看板としても使うことになりますし、デザインなども
こだわってお店のイメージに合わせて作りたいものです。

完全オーダーメイドでしたら、仕上がりも思い通りですし、
こだわってつくることができます。

撥水のれんにすれば、汚れもつきにくく、水にもとても強いので、
長持ちさせて使っていくことができます。

ちなみに、撥水のれんのオーダーメイドの流れとしては
まずのれん受けとして棒を通して固定するタイプとひっかけるタイプと
二つから選ぶことができます。

次に、のれん掛けの色を選んでいきます。
塗装なし、けやき、ウォールナット、ブラック、さまざまな種類がありますので
お店のイメージに合わせて選んでいきましょう。撥水のれん

暖簾棒も黒竹や白竹などあります。まずは見積もりからスタートということになりますが、
種類、サイズ、色、枚数などを指定して、デザインを決めていくことになります。

デザイナーもいますし、悩んでいるようでしたら相談すれば
対応してもらうことができます。あとは発注となり届けてもらうことになります。

ネットでも注文することができますし、もちろんメールでの確認などのやり取りもすることができます。
実際にお店に行かずとも、注文をすることができてとても便利です。

ちなみに撥水のれんは、洗濯してしまいますと撥水効果が落ちてしまいますので
洗濯をすることはできませんので、あらかじめ了承のうえ注文するようにしましょう。

しかし通常のタイプよりも汚れがつきにくいですし、もちろん撥水加工されていますので、
水にも強く丈夫で長く使っていくことができます。

デザインもサイズも思い通りに仕上げてもらうことができるオーダーメイドなら
安心して任せることができます。

のれん掛け