のれんが活躍する場面

丈夫さが魅力な綿帆布

のれんを製作する前に考えたいこと暖簾で使用される布にはいくつか種類があります。
その中でも際立って丈夫な布が平織物の綿帆布という生地です。

綿帆布

この布のはじまりは、輸送の主な手段が大型の帆船だった時代にまで
さかのぼります。

帆船は風を帆に受け、それを推進力にして走ります。
その為、船に使用される帆は丈夫で厚手の布が最適とされ
作られ始めたのがはじまりと言われています。

古くから人々の暮らしを支えてきた帆布ですが、近年では
テントやスニーカーなど、暮らしのどこかで目にする機会も
多いのではないかと思われます。

織り方がシンプルでありながら摩擦に強いこともあり、少し前の話になりますが、カバンにも使用され話題になりました。

綿帆布はより合わせの回数や織り方の密度によって1号から11号まで番号がつきます。
6号から11号が一般的です。

具体的な厚さを例として挙げるなら、1号から5号がカバンに使用される厚さ。
6号が体育館にあるマットの生地です。

数が小さいほど厚く、大きいほど薄くなっています。
薄手の11号の帆布を使えば暖簾として利用ができますが、それでも厚めの暖簾になります。

厚めののれん

かつては規格もありましたが、現在はありません。
ですが、日本のメーカーは、いまだにこの規格に沿った仕様で
生産されているところもあるので目安にもすることができます。

また、綿帆布と似たキャンバスと呼ばれる布もありますが、どちらも様々な種類があることもあり
この2つを明確に分けることは難しいです。

認識としては、どちらも厚手の丈夫な生地というもので間違いはありません。
しかし実際に質感を自分の手で確かめてみると、案外好みがあるかもしれませんので
手に取って考えてみるのも一つの方法でしょう。