のれんが活躍する場面

京都でのれんをオーダー:手書きデザイン

オリジナル性の高いのれんを製作する前に考えたいこと京都は本来、国内の首都でした。
未だに古くから伝わる伝統や技術、文化、風習が根強く残っています。

京都のれん

その中で「のれん」作りをしている専門店や職人も存在しますが、
手書きサービスも承ってる様子も印象的です。

オーダーする際に選べるデザインの幅はとても広いと言えますが、
機械で文字や店の名前を写すとマンネリ気味になります。

既に店や商品を宣伝する為に使う看板や旗などのデザインは、
機械でプリントアウトが主流になっています。

京都にある「のれん」を扱う・作る特定の老舗や専門店は
手書きサービスを撤廃しません。

手書き

人が物に描く絵や文字は味があり、自然な印象を与えます。
しかし、機械でプリントアウトすると不自然なぐらいにバランスが取れたデザインが出来上がってしまいます。

一見するときれいに見えますが、一から十まで字体や絵柄が整っていると、
魅力が出てこなくなるのが問題点です。

また、人の手で書かれた字や絵とは違って、"機械的な艶"が出てきます。

そのような艶は大量生産可能な機械でいくらでも表現出来るため、価値が薄いと見做せます。
簡単な話、アートも同じ事が言えますが、機械でプリントアウトした絵と
芸術家(ベテラン)が手書きで描いた油絵の違いは決定的です。

後者の人が描いた油絵の方が価値が高いと見なされやすいです。

「のれん」の世界も同様のことを指摘できますが、プリントアウトされた物よりも、
職人が書いた字体や絵の方が自然で独特の表現が魅力的です。